頭かくして尻かくさず 今日から使えることわざ講座 No.1

今日から使えることわざ講座

 「頭かくして尻かくさず」のズバリの意味、由来、使い方などを、ことわざマスターあらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

悪事や欠点を一部だけかくして、すべてをかくしていると思い込んでいること

ことわざの由来

鳥のキジは草むらにかくれる時、頭だけかくして、しっぽが出ていることに気づかないことから

あらせんより

  • 全部かくした気になっているのに、一部分だけ外から見えている。だからみんなにはバレちゃってる!こんなことありますよね。
  • キジという鳥は追われて、かくれようとするとき、頭を草むらにつっこむんだけど、しっぽが外に出ていて丸見えということからきた言葉のようです。
  • 本人はバレていないつもりでいるのを笑うという意味もあります。
  • よく子どもにある例として、お菓子を食べきってかくしたつもりでいても、袋が見つかってバレちゃったなんてこと、ありますよね。
  • ちなみに、オスのキジのしっぽは、長いと40cmもあるそうです。それじゃ、隠せないはずですよね。

使い方

  • 「かなえ」
  • 「何?のぞみお姉ちゃん」
  • 「かなえ、ここにあったチョコレート知らん?」
  • 「えっ・・・知らんよ」
  • 「かなえ!口のまわりにチョコレート、めっちゃついてるで。チョコレート食べてもうてるやん。まさに、頭かくして尻隠さずやで。」
  • 「のぞみお姉ちゃん、ごめんなさい」
  • ちゃんちゃん

あらせんのTwitterで使い方を紹介しています

YouTube動画で解説しています

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社