Arasenblog Arasen's soliloquy

一難去ってまた一難 今日から使えることわざ講座 No.183

今日から使えることわざ講座

「一難去ってまた一難」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

一つの災難をようやく切り抜けて安心したところへ、すぐにまた別の災難が襲ってくること。

豆知識

  • 類句:前門の虎後門の狼、虎口を逃れて竜穴に入る
  • 英語例:If the Bermudas let you pass, you must beware of Hatteras.(バミューダ諸島を無事通過したらハッテラス岬にご用心)

あらせんより

  • 一つの災難がようやく過ぎたと思ったら、また別の災難が降りかかってきた、という意味になります。悪いことは続いて起きるものですよね。
  • 賢治くんは母に頼まれて豆腐を買いにスーパーへ。スーパーからの帰り道のことです。空き地の横を通っていた時に、小学生が野球をやっていてボールが飛んできて、賢治くんの後頭部へ「ポカーン」と当たりました。イタタ・・・。
  • 賢治くんは頭を撫でながら家の近くまで来たところで、角から犬が飛び出してきて、賢治くんのお尻をガブ!!その拍子に買ってきた豆腐が落ちてぐっちゃぐちゃ。まさに「一難去ってまた一難」だ。
  • こんな感じで可愛く使えることわざです。
  • まあ、あらせんのこれまでは、一難去ってまた一難、そしてまたまた一難と、苦難が継続的に起こっています。一難の間に少しホッとする出来事があるって感じです。

使い方

  • のぞみちゃん、目がかゆそうだけど大丈夫?
  • 風邪をひいて喉が痛いのがようやく治ったと思ったら、一難去ってまた一難、今度は花粉症で目がかゆくてたまらんわ。トホホ。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社