いじめの四層構造

TEACHER いじめはあかん

 いじめは集団の問題です。

 いじめが起こった場合、加害者と被害者の対応だけに追われていませんか? もちろん、両者に対する指導・支援も大切です。しかし見落としがちなのは、いじめを取り巻く「観衆」と「傍観者」の存在です。

 実は観衆と傍観者の存在が、いじめの発生に大きく影響しています。

 森田教授は、いじめの研究結果から「いじめの四層構造」を示しました。これは国の基本方針でも取り上げられています。

 図3のように、被害者と加害者のまわりには、はやし立てたり面白がったりする観衆や、見て見ぬふりをする傍観者の存在がいるのです。

イラスト 広野りお

 森田教授の研究によると、観衆や傍観者の数が増えれば増えるほどいじめが悪質化する、ということもわかっています。止めようとしない集団が増えるほど、いじめはエスカレートしていくのです。

 いじめを取り巻く集団が、いじめの質に大きく関係していることが証明されました。

 逆に言えば、「いじめは絶対に許さない」という集団であれば悪質化しないということです。

 例えば、次のような集団を考えてみましょう。

 いじめが起こったら、

 ・はやし立てずに「やめろ」と言う

 ・「人として恥ずかしい行為だ」と止めに入る

 ・ただちに、先生に助けを求める

 このような人が圧倒的に多い集団であれば、いじめはエスカレートしません。いじめができない雰囲気になることは間違いないでしょう。

 観衆や傍観者から、仲裁者へ。

 この変革こそ、いじめが起こりにくい環境を作るカギなのです。

 いじめを未然に防止、また再発を防止したいのなら、まず集団を指導しましょう。