いじめとけんかの違いを言えますか?

TEACHER いじめはあかん

 あなたは「いじめとけんかの違い」を言えますか?

 いじめとけんかは、ともに子どもの間でトラブルが起こっている状態を言いますが、その違いは、

 ・いじめは力関係に差がある

 ・けんかは力関係に差がない

ということ。ここでいう「力」とは、相手に与える影響力のことです。

 次の例をご覧ください。

【けんか】

・人数や立場が同じ

・やったり、やられたりの立場がすぐに入れかわる

・両方が傷つく

・腹が立ったり、悲しかったりするが、感情は長く続かない

・けんかをやめるか、続けるかを、両方が決めることができる

【いじめ】

・人数や立場が同じではない

・体力・腕力などに差があり、いつもやられる側が決まっている

・いじめている方は傷つかないが、いじめられている方は傷つく

・腹が立ったり、悲しかったりする感情が長く続く

・いじめをやめるかどうかを決めることができるのは、いじめている側だけで、いじめられている側には決定権がない

(参考「子どもとまなぶ いじめ・暴力克服プログラム 武田さち子著 合同出版」)

 いかがでしょうか?

 けんかは両者の力関係が同じなので、もしトラブルが起こっても、両者ともに傷ついたり腹を立てたりする感情は長く続きません。

 一方いじめは、両者の力関係に差があるので、被害者にとって大きな心身の苦痛が生じるのです。

 とはいえ、両者の力関係に差があるかどうかを判断するのは難しいでしょう。

 国の基本方針には、いじめかどうか判断する際の注意点について、次にように示されています。

「けんかやふざけ合いであっても、見えない所で被害が発生している場合もあるため、背景にある事情の調査を行い、子どもの感じる被害性に着目し、いじめに該当するか否かを判断するものとする」

 けんかのように見えるが、よく調べてみると「いじめ」だった。そんなことも多々あります。けんかを認知した際も組織的に聴き取りをおこない、背景にある事情を調べる必要があるのです。

 つまり、いじめとは、

 ・力関係に差がある状態の中で、

 ・強い者が弱い者に対し、心理的および身体的な影響を与えている ことをいうのです。