Jackie Robinson ジャッキー・ロビンソンの勇気

EXPERIENCE いじめはあかん

 永久欠番とは、名選手を讃えるものです。米メジャーリーグには全球団が永久欠番とする番号があります。

 「42番」。黒人選手第1号のジャッキー・ロビンソンの番号です。

 ジャッキー・ロビンソンが活躍した1940年代は、それはそれは黒人差別が酷かった時期です。

 マスコミの意地悪、対戦相手からのヤジ、同僚からもバカにされるという、本当に厳しい状況だったようです。

 彼は我慢に我慢を重ねて耐えたが、何度もバカにする相手を殴ってやろうと思ったそうです。

 しかし、「もし、ここで自分が殴ってしまったら、今後、黒人がメジャーリーグで戦う夢を潰すことになる」と思い、グッと耐えたといいます。

 彼は耐えに耐え、活躍を続けます。

 このひたむきなプレーは、チームメイトの心を変え、観客を変えていきました。

 気がつけば、他球団も黒人選手を採用する流れに。

 「大きくなったら、ジャッキー・ロビンソンのような素晴らしいプロ野球選手になりたい」

 球場で観戦する一人の白人の少年が言った。どんな嫌がらせにも泣かなかったジャッキー・ロビンソンが、その言葉を聞いたとき、大粒の涙を流したといいます。(近藤隆夫著『ジャッキー・ロビンソン』汐文社)

 心が震えました。ジャッキー・ロビンソンすごいです。語り継ぎたいと思います。