篆書、隷書、楷書、行書、草書という5つの書体ができた歴史

書家 あらせん

漢字には5つの書体があります。

篆書、隷書、楷書、行書、草書。では、この5つの書体がどのようにできたのでしょうか。

今からその書体ができ上がった流れを書いていきます。

読み終わった後には、長い歴史の中で、人が使いやすように変化してきたことがわかりますよ。

漢字はどうやってできたの?

漢字のスタートは中国最古の王朝とされる殷の「甲骨文字(こうこつもじ)」。

占いに使われていた亀の甲羅に占いの結果を刻んだことから、この名前がつけられました。

それ以前にもあったでしょうが、証拠が残ってるので、これが漢字の原型とされてます。紀元前です。古っ。

バラバラだった漢字の形を篆書体(てんしょたい)で統一

紀元前221年に秦の始皇帝が中国を統一。

そして国ごとにバラバラだっと文字の形を統一。

現在使われてる漢字の多くは、このときの「篆書体(てんしょたい)」から発展しています。

今でも印鑑で使われる書体が、この篆書体です。

歴史が古いです。

書きやすく、読みやすく発展してきた書体

紀元前202年に漢が中国を統一。

役人が物事を細かく記録するために、篆書体を簡単にした「隷書体(れいしょたい)」を考案。

後漢になると、さらに隷書体を簡単にした「楷書体(かいしょたい)」ができました。

その後、楷書体を速く書ける「行書体(ぎょうしょたい)」。

隷書体を速く書ける「草書体(そうしょたい)」が生まれました。

書体の歴史の流れは2つ

このように、漢字には、主に楷書、行書、草書、篆書、隷書という5つの書体があります。

約1700年前の晋の時代には、5つの書体がすべて出そろいました。

歴史の流れとしては2つあります。

①篆書→隷書→楷書→行書

②隷書→草書

先日、私は次のようなツイートをしました。

このように、5つの書体の歴史をたどっていくと、その時代、その時代の人々が「使いやすい」ように発展してきたことがわかります。

ということで、

これからも、人が使いやすいように、どんどん変化していくと考えられますよね。ワクワクします。