キッピー体操 椅子に座って体幹を育てる3分間運動

GOOD JOB あらせんROOM

 2016年3月。三田市教育委員会が、子どもたちの体幹を育てることを目的に作られたキッピー体操が完成。この体操には、さまざまな工夫がされています。

 時間は約3分。場所は教室で、なんと椅子に座った状態で体操ができます。

 安全面も配慮されていて、前後左右の友達にも当たらないような動きにされています。

 音楽に合わせて、楽しく体操できるものになっています。

 この体操は、体操の内容は、元オリンピック選手の橋元真央さん、音楽はプロのミュージシャン、ちめいどさんが中心になり、教育委員会の指導主事や学校の先生が制作しました。

 キッピー体操を実施するメリットは、たくさんあると考えます。

 はじめから最後まで、ドローインの状態(お腹にグッと力を入れる。詳しくは動画をご覧ください)で体操すると、かなり体幹は鍛えられる体操です。一度やってみるとわかりますが、くたくたになります。

 (※ドローインをしなければ、楽チンにできてしまいます。はじめは楽しくすればいいと思います。徐々にドローインを意識すればいいと思います)

 体幹が鍛えられると、「姿勢がよくなる」「運動能力がアップする」「便秘の解消」・・・等々、さまざまな効果が期待できます。

 ここで、精神医学の研究についても書かせてください。

 近年、精神医学の研究で、「軽微なリズム運動」がストレスを抑えることを明らかにしています。

 神経伝達物質のノルアドレナリンが、必要以上に分泌されると神経が昂ぶり、イライラしやすく落ち着きがなくなり、攻撃的になります。また、ドーパミンも過度に分泌されると、際限なく満足できない状態になります。

 そんなノルアドレナリンやドーパミンの暴走にブレーキをかけるのがセロトニンです。このセロトニンの働きを活性化させるのが「軽微なリズム運動」なのです。

 つまり「軽微なリズム運動」でセロトニンの分泌が活性化され、正常な精神状態が保たれるのです。

 まさに、このキッピー体操を毎日行うことは、セロトニンの働きを活性化させ、ストレスを解消することにもつながるのです。

 皆さん、一度、キッピー体操をしてみませんか。

 2016年8月。「第10回三田の教育フォーラム」において、三田市教育委員会より、ちめいどさん、橋元真央さんに感謝状が授与されました。

 表彰式後のちめいどライブは最高でした。「勇気の水やり(キッピー体操の歌)」が流れた時は涙してしまいました。本当にいい歌です。全世界の子どもたちに聞いてもらいたい歌です。

 ちめいどさん、橋元さん、本当にありがとうございます!

 キッピー体操はYouTubeにアップされています。ぜひ、この動画で体操してみてください。