#後悔先に立たず No.38

今日から使えることわざ講座

「後悔先に立たず」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

ものごとが終わった後でいくら悔やんでも、もうどうにもならないということ。だから何かをするときは後悔しないようにするべきであるという教え。

※「先に立たず」とは、ものごとをする前に後悔はできないという意味。

ことわざの由来

ものごとを行う前に、その結果について悔やむことはあり得ないことから。

似たことわざ

(日本のことわざ)

  • 葬式済んで医者話
  • 落花枝に帰らず

(外国のことわざ)

  • 後悔はいつも遅れてやってくる(ドイツ)
  • 先を読める人は賢者、後で悔いる人は愚者(チベット)
  • 棺桶を見てやっと泣く(台湾)
  • 罪は先、悔いは後(モンゴル)

あらせんより

  • ものごとが終わってから、ああすればよかったと後悔しても、もう取り返しがつかないことを言うことわざです。
  • 残念ながら、時間を巻き戻すことはできません。だから、後悔しないように準備して、実行しろよ!と昔の人からのアドバイスです。
  • 「お小遣いをもっと計画的に使えばよかった・・・」と反省しているような時にも、「この先後悔しないように計画しよう!」という時にも、どちらの場合にも言いますよ。

使い方

  • 「のぞみお姉ちゃん、今度、学芸会でクラスで劇をするんやけど、劇の主役に立候補しようか悩んでるねん」
  • 「勇輔、やりたいなら立候補しなよ。後悔先に立たずって言うよ。学芸会に終わった後に『立候補していれば良かった』って思ってしまうよ」
  • 「そうやんな。絶対後悔するやんな。よし!勇気を出して立候補しよ!」
  • 「ファイト!」
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店