Arasenblog Arasen's soliloquy

窮鼠猫を噛む 今日から使えることわざ講座 No.136

今日から使えることわざ講座

「窮鼠猫を噛む」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

窮地に追い詰められると、どんなに弱い者でも死にものぐるいになって戦うから、到底かなわないと思われるような強い相手でも倒すことがあるというたとえ。

ことわざの豆知識

  • 猫に追い詰められた鼠が、必死で猫に噛みつく意味から。
  • 中国の『塩鉄論』にあることば。
  • 英語例:A baited cat may grow as fierce as a lion.(犬に追い立てられた猫はライオンのように荒々しくなる)

あらせんより

  • 追い詰められて逃げ場がなくなった鼠は、必死になって、猫にさえ噛みつくことがあります。「窮鼠」は、追い詰められた鼠のことです。
  • このことわざは、どんな弱いものでも、死にものぐるいで強いものに向かっていくと、すごい力が出て、勝つこともあるという意味になります。
  • 鼠と猫を比べると、猫の方が体はうんと大きいし爪も鋭いです。喧嘩したら、小さな鼠が負けるに決まっています。
  • それが逆に鼠が噛み付くといったのが、このことわざの面白いところですよね。
  • あらせんも、これまでに窮鼠猫を噛むという場面を目撃してきました。
  • 昔、サッカーやハンドボールをしてきましたから、2部や3部といった弱いチームが1部リーグのチームに勝ってしまったという場面は数々見てきました。「この試合、なんとしても勝ちたい!」とまさに死に物狂いになっているチーム集団はすごい力を出します。
  • 窮地に追い詰められるって、まさに「もうおしまい」と思う場面ですが、この時にこそ諦めずに戦う。この時にびっくりするくらいの力が出るもんなんですね。
  • 窮鼠猫を噛むは、苦境に立たされた時に思い出したい希望となることわざですね。

使い方

  • 勇輔、この試合、もう勝ったも同然だな。ふふふ。
  • 亮介、こっちが多少有利な状況にあるといっても、「窮鼠猫を噛む」っていうから、彼らの抵抗を甘く見たらあかんで。気を引き締めよう。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社