情けは人のためならず 今日から使えることわざ講座 No.52

今日から使えることわざ講座

「情けは人のためならず」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

人に親切にしておけば、めぐりめぐって、いつか自分のためにもなる。だから人には親切にしたほうがよいということ。

似たことわざ

(日本のことわざ)

  • 武士は相身互い
  • 陰徳あれば陽報あり

(外国のことわざ)

  • 与えよ、そうすれば与えられる(ドイツ)
  • 善行は決して無駄にならぬ(フランス)
  • 善行をなす者は善行を受ける(トルコ)
  • かける情けあれば返る情けあり(韓国)

あらせんより

  • 人に親切にすると、めぐりめぐって、いつか自分のためになるという意味のことわざです。
  • 友達に、親切に勉強を教えてあげた。それは友達のためを思ってやったことだけど、いつの間にか自分も学力アップ。
  • 自分のためにもなっていたなんてわかりやすいですよね。
  • こんな感じで、直接はつながらなくても、めぐりめぐって良いことがある。という昔の人からのアドバイスです。
  • もともと、このことわざには「めぐりめぐっておの(おのれ。自分のこと)がため」という続きがありました。それが省略されているのです。

使い方

  • 「おばあさん、席空いていますよ。どうぞ。」
  • 「お兄ちゃん、ありがとうね。」

(家で)

  • 「のぞみお姉ちゃん、バスで重そうな荷物を持っていた人に席をゆずったよ。」
  • 「勇輔、いいことしたね。情けは人のためならずっていうから、いつかいいことがあるね。」
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店