Arasenblog Arasen's soliloquy

喉元すぎれば熱さを忘れる 今日から使えることわざ講座 No.84

今日から使えることわざ講座

「喉元すぎれば熱さを忘れる」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

苦しいことも過ぎてしまえば忘れてしまうということ。

ことわざの由来

熱い飲みものを飲んだときは熱さにおどろくが、喉を通り過ぎれば、熱さを忘れてしまうことから。

似たことわざ

(日本のことわざ)

  • 暑さ忘れりゃ陰忘れる
  • 雨晴れて笠を忘れる
  • 病治りて医者忘れる

(外国のことわざ)

  • 危険が去れば神を忘れる(英語・イタリア)
  • 危険が過ぎると誓いが忘れられる(オランダ)
  • 川を渡ると聖人は忘れられる(スペイン・メキシコ)
  • 傷が治れば痛みを忘れる(中国)

あらせんより

  • 熱い飲み物や食べ物は、飲み込むときに「熱っ!」って泣きそうになりますが、いったん喉元をすぎてしまえばその熱さは感じません。
  • 同じように、ひどい目にあっても、すぎ去ってしまえばそのつらさを忘れてしまうものです。
  • だからまた失敗するし、挑戦できるんです。
  • アイスクリームを食べ過ぎてお腹を壊して大変なことになったのに・・・。次の年、その辛さを忘れてアイスクリームを食べまくっている・・・。そんなことありますよね。
  • 困った時に助けてもらった恩は、絶対に忘れないようにしましょうね。

使い方

  • 「わあ!!水着忘れた!またやってもうたわ!」
  • 「亮介、前に、水着忘れてプールに入れなくて、悔しがってたやろ?」
  • 「そうなんやけど、喉元過ぎれば熱さ忘れるやわ。すっかり忘れてもうたわ」
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店