#鬼に金棒 No.4

今日から使えることわざ講座

「鬼に金棒」のズバリの意味、由来、使い方などを、ことわざマスターあらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

強い者がさらに良い条件や武器を手にすることで、もっと強くなること

ことわざの由来

ただでさえ、強い鬼が金棒を持てば、さらに強くなることから

あらせんより

  • ただでさえ強い鬼に、金棒を持たせるなんて!!!!想像するだけでやばいですよね。めちゃくちゃ強くなるやん。
  • 金棒って鬼にビッタリのツールですよね。似合うっていうのもポイントだと思います。ただでさえ強い者にピッタリのよい条件が加わって、強さがますっていうことです。
  • もともと強いチームに、上手なメンバーが入ったらもっと強いというように、いい意味で使います。
  • 「鬼に金棒」っていう時の無敵感がいいですよね。

使い方

  • 「勇輔くん、知っている。A小学校のエースの松坂くん。小学生で130キロのストレート投げって新聞に出てたけど、フォークボールも覚えた見たいよ」
  • 「えええええ、130キロのストレートに、フォークボールまでの投げんか!!!まさに鬼に金棒やな」
  • ちゃんちゃん

あらせんのTwitterで使い方を紹介しています

YouTube動画で解説しています

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社