生兵法は大けがのもと 今日から使えることわざ講座 No.51

今日から使えることわざ講座

「生兵法は大けがのもと」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

中途半端な知識にたよると、かえって大失敗するということ。

ことわざの由来

中途半端に覚えた武術では、戦いのときに役に立たないし、かえって自分がけがをするということから。

似たことわざ

(日本のことわざ)

  • 生兵法は知らぬに劣る
  • 生物知り川へはまる

(外国のことわざ)

  • 生半可な知識は、ただ有害なだけ(ロシア)
  • 羽を持つまで飛ぼうとしてはいけない(ドイツ)
  • 少しの知識は恐ろしい(ネパール)
  • 未熟な巫女が人を殺す(韓国)

あらせんより

  • 中途半端な知識や技術にたよって何かやろうとすると、逆に大失敗するという意味のことわざです。
  • 生兵法とは、十分に身に付けていない武術や戦い方のことです。
  • ブルースリーの映画を見て「アチョー!」って声をあげたら強くなった気がするのはありがちですよね。それで強そうな相手に試すなんてまさにこれです。大怪我するのは必至です。
  • ちょっと身につけたら、試してみたくなる。その気持ちはわかります。その勇気は認めたいです。まあ、進みながら失敗しながら学べばいいですよね。

使い方

  • 「のぞみお姉ちゃん。ああ、えらいことになってしまった・・・。」
  • 「勇輔、どうしたの?」
  • 「お母さんのパソコンが動かなくなったから、僕がいじってみたんやけど・・・」
  • 「勇輔、それで余計に壊れたんや・・・。生兵法は大けがのもとやな。」
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店