親の心子知らず 今日から使えることわざ講座 No.78

今日から使えることわざ講座

「親の心子知らず」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

親は子どものことを思っていろいろ心配するが、子どもは親の気持ちに気づかず、反抗したり、勝手気ままにふるまったりすること。

似たことわざ

(日本のことわざ)

  • 親の思う程子は思わぬ

(外国のことわざ)

  • 子どもは親の愛を知らない(チガ語)
  • 両手でわが子を抱いて初めて知る親心(台湾)
  • 自分が親にならなければ親の愛は解らない(英語)
  • 親の愛は注がれるが戻ってこない(フランス)

あらせんより

  • 親は子に対する深い愛情を持っています。
  • でも、当の子どもは親の気持ちをわからずに、勝手気ままに振る舞ってしまう。反抗したり、危ない遊びをしたり・・・なんてね。
  • 確かに親の気持ちって「全然分からん!」と思うかもしれませんね。親の愛は当たり前すぎて子どもに伝わりづらいのかもしれません。
  • 逆に子どものあなたとしては、「子の心親知らず」って言いたいかもしれませんね。
  • うん、人の心を知るって、本当に難しいですよね。

使い方

  • 勇輔、遅いなぁ・・・。大丈夫かな。お母さん、ちょっと外見てくるわ。

(数分後)

  • ああ、やっぱりどこにもいないわ。大丈夫かな。

(数分後)

  • ただいま~。腹減ったわ。今日のご飯何?
  • 勇輔、心配してたんやで。何かあったの?
  • えっ公園で本読んでてん。
  • 遅くなる時は連絡しなさい。めちゃくちゃ心配してたんやで。親の心子知らずやわ。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店