#終わりよければすべてよし No.32

今日から使えることわざ講座

「終わりよければすべてよし」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

結果がよければ、途中で間違いや失敗があっても問題ないということ。

ことわざの由来

西洋から来たことわざ。劇作家のシェイクスピアの劇のタイトルだったと言われている。

似たことわざ

  • (日本のことわざ)
  • 細工は流々、仕上げをご覧じろ
  • 掉尾を飾る
  • 勝てば官軍
  • (外国のことわざ)
  • 終わり良ければ全て良し(ドイツ・フランス・ロシア・ハンガリー・ネパール等々)
  • 良い始めより良い終わりがよい(台湾)
  • 黄金の留め金で閉じる(スペイン・メキシコ)
  • 有終の美(韓国)

あらせんより

  • 物事は終わりが肝心。終わりがよければ、最初や途中がイマイチでも「良かったなぁ」と喜び合うことができますよね。
  • 途中までボロボロだったサッカーの試合でも、大逆転して勝てばカッコいいですよね。
  • 色々あったけど、めでたし、めでたしは、映画やドラマ、漫画でも基本のストーリーです。
  • 「終わりよければすべてよし」は、実は劇作家シェークスピアの劇のタイトルから来ているようです。それが日本のことわざとして定着しているって、すごい歴史ですよね。
  • 逆に途中まで絶好調の時は、終わりでズッコケないように気をつけようね(笑)

使い方

  • 「のぞみ、今の発表会すごかったよ。おめでとう!」
  • 「今日子、でも途中に失敗してしまったんだけど…」
  • 「のぞみ、何言ってんのよ!最後は観客が盛り上がって、すごかったよ」
  • 「今日子、ありがとう。終わりよければすべてよしで、もう失敗は忘れるわ!」
  • 「そうよ、のぞみ!素晴らしかったわ」
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店