#28来年のことを言えば鬼が笑う

今日から使えることわざ講座

「来年のことを言えば鬼が笑う」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

誰も未来のことなどわからないということ。

ことわざの由来

予測できない未来のことを言うと、人間の知識や考えを超えた存在である鬼が「人間にわかるはずないだろう」とおかしくて笑うことから。

似たことわざ

  • (日本のことわざ)
  • 明日のことを言えば天井で鼠が笑う
  • 明日のことを言えば鬼が笑う
  • 海のものとも山のものともつかぬ
  • (外国のことわざ)
  • 外国のものはあまりめぼしいものはありませんが、英語の「愚か者ははるか先に会う約束をする(Fools set far trysts.)」が近いかな?って感じです。

あらせんより

  • 将来のことを予測して、あれこれ言っても、それが当たるかどうか誰にもわからないですよね。
  • あまり先のことばかり言うと、普段は怖い顔の鬼も笑っちゃいますよ、とからかい半分に言うのが、このことわざになります。
  • 鬼は楽しくて笑うのではなく、「人間は愚かだなぁ」ってあざ笑うんです。
  • 明日何が起こるかもわからないのに、来年のことがわかるはずがありません。
  • このことわざは、なんと江戸時代から言われていることわざなんです。1693年の井原西鶴「浮世栄花一代男(ウキヨ エイガ イチダイオトコ)」に書かれてあります。歴史がありますね。

使い方

  • 「おお、ついに、傑作が完成したぞ!のぞみ、この作品は、次の展覧会で入選間違いなしやわ・・・・・授賞式には何を着ていこうかな・・・・スピーチも考えないとな・・・・」
  • 「お父さん、ちょっと気が早いんちゃう?来年のことを言えば鬼が笑うで!」

(結果発表後)

  • 「はぁ、のぞみ、落選してもうたわ・・。トホホ・・・。」
  • 「お父さん、どんまい」
  • ちゃんちゃん

Twitterで使い方を発信しています

YouTubeで解説しています

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店