Arasenblog Arasen's soliloquy

人間万事塞翁が馬 今日から使えることわざ講座 No.124

今日から使えることわざ講座

「人間万事塞翁が馬」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

人生、思いがけないことが幸福を招いたり、不幸につながったりして、だれにも予想はつかないというたとえ。また、だからやたらに喜んだり悲しんだりしてもはじまらないというたとえ。

ことわざの豆知識

  • 類語:禍福は糾える縄の如し。吉凶は糾える縄の如し。
  • 英語例:Joy and sorrow are today and tomorrow.(今日の喜び明日は悲しみ)

あらせんより

  • もとになっているのは、こんな話です。
  • 昔の中国に塞翁と呼ばれるおじいさんがいました。
  • 塞翁の馬が逃げて、周りは残念がったけれど、塞翁は「いいことが起こるかも」と言います。
  • しばらくして、逃げた馬は立派な馬と一緒に戻ってきたのです。
  • 周りが喜ぶと今度は「災難が起こるかも」と言ったのです。
  • すると、ある日、塞翁の息子がその馬に乗っていると、落馬して足の骨を折ってしまったんです。
  • 最悪ですよね。
  • その後、隣国との間で戦争が起きましたが、息子はその怪我のために徴兵を免れ、死ななくて済んだそうなんです。
  • ほんと、人生、どうなるかわかりませんね。
  • 運、不運はわからない。ということわざ。良いことは長く続かないし、悪いことも長く続かない。人生、良いことや悪いことが約半々で起こるんや。くらいに思っておいて、常に前へ前へ進んでいきたいものですね。

使い方

  • 「運動会のリレーのメンバーに入れなかった・・・。がっかりやわ・・・。」
  • 「おかげで、選手はなることができない応援団長に選ばれたやんか。人間万事塞翁が馬やで」
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店