背に腹はかえられぬ 今日から使えることわざ講座 No.11

今日から使えることわざ講座

「背に腹はかえられぬ」のズバリの意味、由来、使い方などを、ことわざマスターあらせんがわかりやすく解説します。

ズバリの意味

大事なことを守るためには、ほかのものを多少は犠牲にしてもやむを得ないことのたとえ。

ことわざの由来

背中を守るために、大事な内臓が入っている腹を犠牲にはできない、ということから。

あらせんより

  • 武士が刀で戦っている時、守らなくてはならないのは腹です。
  • ここには内臓(胃や腸)が入っています。
  • ここを切られたら、一巻の終わり。
  • 一番大事な腹を守るためなら、多少、背中を傷つけられてもしかたがない…。こんなことわざです。
  • この状況、やばすぎでしょ。こういう差し迫った状況になった時、多少の犠牲を払うことで、より大切なものを守れるだろうと、昔の人からのアドバイスです。
  • 私の場合、授業は受けたいけれど、小便が出そう!!!そんな時、授業を犠牲にするのはやむを得ません。迷わずトイレへ。
  • 例えがしょぼ過ぎで、すみません。

使い方

  • ピンポン!(家のチャイムがなる音)
  • 「のぞみ、今日子ちゃんが来たわよ。」
  • 「はーい。ここでおやつを全部食べてしまわなければ、勇輔におやつをとられてしまう・・・。ああああ、どうしよう・・・。」
  • 「のぞみ、早くしなさい。今日子ちゃんを待たせたら悪いわよ」
  • 「わかってるって。食べていたら、今日子ちゃんを待たせてしまう。しかたがない。背に腹はかえられぬから、今日は勇輔におやつをゆずるとするか…」
  • ちゃんちゃん

Twitterで使い方などを発信しています

YouTubeで解説しています

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社