Arasenblog Arasen's soliloquy

四面楚歌 今日から使えることわざ講座 No.194

今日から使えることわざ講座

「四面楚歌」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

周囲すべてが敵や反対する者ばかりで、助けてくれる者もなく孤立すること。

あらせんより

  • 「四面」とは、四方の面で、まわりのことです。
  • 「楚歌」とは、昔の中国の揚子江のほとりにあった楚の国の人が、歌った歌のことです。
  • 「まわりが、みんな楚の国の歌を歌っている」ということで、まわりをみんな敵に囲まれてしまい、逃げられないことをいいます。
  • また、周囲の人みんなに反対されて、誰にも味方がいないという意味にもなります。自分の意見に、誰一人賛成してくれない時に「まさに四面楚歌や」といって嘆く。
  • もともとは中国の本「史記」に書かれていたことばなのです。
  • 紀元前3世紀ごろ、漢の劉邦と楚の項羽は、天下を争っていたんです。
  • 戦いは決着がつかず、二人は天下を二分するという協定を結んだのです。
  • 長い戦いで、項羽の兵たちはとても疲れていました。東へ帰っていく項羽軍を突然、劉邦の軍が襲ってきました。不意打ちです。
  • 項羽の楚の軍は、垓下というところで、劉邦の漢軍に囲まれました。
  • 楚軍は、囲みを突破しようと何度も試みましたが失敗。兵もいなくなり、食料もわずかになりました。漢軍の兵は、周りを何重も取り囲んでいました。
  • 漢軍では、夜になると、自分の国の兵たちに「楚」の歌を歌わせたのです。それを毎晩続けました。
  • 楚軍の項羽は驚きます。周りから聞こえてくるのは、みな楚の歌です。「四面楚歌」です。その上、歌声は夜ごとに増えています。
  • 項羽は頭を抱えます。「これはダメだ。楚の兵は、みんな漢軍に降伏してしまったに違いない。それで、毎晩、楚の歌がふえて聞こえてくるんだ」
  • 漢軍の作戦は見事成功。楚軍の兵はつぎつぎに降伏。項羽はわずかな兵と逃げました。けれど逃げきれず、追い詰められて戦死しました。
  • これが四面楚歌の話です。
  • まさに絶体絶命。まわり全てが敵や反対する者ばかり。助けてくれる者もなく孤立。そんな最悪な場面を四面楚歌といいます。
  • あらせんは、いじめの研究を長年続けてきましたが、そこでわかったことが、いじめをきっかけに大きな夢を掴んでいる人の共通点が「四面楚歌力」でした。
  • つまり、「孤独な時期こそ、自分を飛躍させるチャンス」だということです。

li.li1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘Hiragino Kaku Gothic ProN’; color: #000000} span.s1 {font: 14.4px ‘Hiragino Kaku Gothic ProN’} ul.ul1 {list-style-type: disc}
あらせんのブログ「一人になる勇気、四面楚歌力を磨け!」
https://stand.fm/episodes/5f540b94c79bba1e3ab8f424

あらせんラジオ「四面楚歌力を磨こう」