信じ抜く

GOOD JOB あらせんROOM

 Aくんとの出会いは、私にとって財産です。


 彼は、4月当初、授業中に大きな声を出したり、走り回ったり、
 友達の消しゴムを窓から投げたりしました。
 私が黒板に字を書くと「汚い字やな」と発言。
 彼の机の周りは、鼻を噛んだティッシュ、プリントなどが散乱。
 ランドセルはずっと机の上に置いたまま。

 注意すると、

「特別扱いするな!!」
と、悪の行動をますますエスカレートさせるのです。

 周りの子から「荒井先生、怖い・・。このクラス嫌や・・。」
 同僚からは「やっぱり荒井もあかんかったなぁ・・・。」
 そんな声が聞こえてきます。

 私は、もうどうしていいのか分からなくなっていました。
 気がつくと、私は学校に行くのが怖くなっていました。
 この時が私の教師人生で最大のピンチだったと思います。

 そんな時、私が信頼する先輩に相談した際、
 アドバイスしてくれた言葉が、
 私の人生に影響を与えた言葉になりました。

 それは、
「A君さえ、おらんかったらと思っているやろ。
 A君がいるから教師として成長できるんやで!彼に感謝せえ。

 この子さえいなければではなく、この子がいるから成長できる
 
って考えなあかん!」と言ってくれたんです。

 腹が決まった私は、彼ととことん向き合おうと、
 5月の連休明けに、
「今年の目標」を書く授業をしました。
 彼は案の定、目標を書く紙を丸めて投げ捨てました。

 私は本気でした。
 彼に絶対に書かせようと心から話しました。
 でも彼はなかなか書こうとしません。
  
 ようやく帰る前に、
 彼は目標を書いた紙を、私に手渡しました。
 その目標を見てびっくり!
 なんと!
 「今年こそ暴れない」
 と書いていたのです。

 彼は本当は、暴れたくなかったのです。
 その心を分かってあげられなかった私は、
 彼を人がいないところに連れていき、泣いて謝りました。

 そして約束しました。
「授業中、どうしても我慢できなくなったら先生にサインを送ってな」と。彼は自分のことをわかってくれたと命で安心したのではないかと思います。
 その日を転機に、彼と少しずつ心が通うようになっていったのです。

 そして彼は落ち着き、学習に前向きに取り組むように変わっていきました。もちろん、学級も落ち着いていきました。

 それからもいろんなことが起こりましたが、彼と、学級の子どもたちと格闘して学んだ日々は金の思い出です。

 終業式の日。彼から「先生ありがとう」と書いてある手紙をもらった時は涙が止まりませんでした。

 彼との出会いで「自分が変われば相手(環境)が変わる」「人間の可能性を信じ抜く勇気」を学びました。

 日々、「これさえなければ・・」とよく思ってしまうことがあります。そんな時、彼との関わりを思い出し、「これがあるから、また成長できるやん」

 教師という仕事に日々感謝と誇りを持って生きています。

 この記事を音声で聴きたい方は、「情熱教師塾 塾長 あらせんラジオ」でどうぞ。

https://stand.fm/episodes/5f4e542bc79bba6eb2b8c980

 また「あらせん のTwitter」も覗いてみてください。毎日、有益な情報を発信しています。