スティーブ・ジョブズはどうしていつも同じ服を着ているのか

FOR STUDENTS あらせんROOM

興味深い題名だったので本を購入。

その本は三浦展氏の「毎日同じ服を着るのがおしゃれな時代 今を読み解くキーワード集」。

「かっこよかったものがかっこ悪くなる」

という三浦氏の主張がとても面白く、一気に読み終えました。

消費・世代・少子高齢化・家族・都市等の最先端の動きをわかりやすく解説されています。

ぜひ読んでみてください。

特に

「毎日同じ服を着るのがおしゃれな時代」のところは衝撃でした。

スティーブ・ジョブズは、

イッセイ・ミヤケの黒いタートルネックにボロいジーパンを毎日着ていたようですが、

その理由は「服を選ぶための時間削減」だったらしいのです。

日本でも有名な経営者やコンサルタントの中にも、毎日同じ服を着ている人もいるそうです。彼らは1日に重要な意思決定をたくさんするので、

服装選びとかで無駄な時間をとられなくないということのようです。

そんなわけで、

今は、毎日同じ服を着る人の方が、

どうもかっこいい、おしゃれだと言われる時代のようです。

なるほど。

私も最近は「ユニクロオンリー」にシフトしています。昔はおしゃれが大好きで、服や靴を買うことに夢中になっていました。しかし、この本に出会った頃から、仕事ではスーツ。休日はジーパンに紺色シャツばかりです。

さらに最近は「服代よりも本を購入して読みたい」という思いをあり、服は「ユニクロ」に統一しています。その結果、朝がすごく楽になりました。「服を選ぶため」に使う時間が減ったからです。

もうすぐ秋。そして冬。

今週末は、ユニクロへ。

今年はパンツは白。シャツ・タートルネックは黒で統一します。

この記事を音声で聴きたい人は、stand.fm「情熱教師塾 塾長 あらせんチャンネル」でどうぞ。

https://stand.fm/episodes/5f71d12518e90938cf3e379e