Arasenblog Arasen's soliloquy

虎の威を借る狐 今日から使えることわざ講座 No.81

今日から使えることわざ講座

「虎の威を借る狐」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

弱い者が、権力者や実力者の力や勢いに頼っていばること。

ことわざの由来

もとは中国の昔話。

似たことわざ

(日本のことわざ)

  • 驥尾に付す

(外国のことわざ)

  • ライオンの皮をまとったロバ(古典ギリシャ語・英語・ドイツ・フランス)
  • ライオンの毛皮の中のロバ(イタリア)
  • 虎の皮を着てジャッカルが君臨する(ネパール)

あらせんより

  • 力のない者が、他人の力をたよって周りに威張ることを言うことわざです。
  • 由来は中国に古くから伝わるこんな話です。
  • 虎が狐を襲おうとしたら、狐が「ぼくは神様のつかいだから、食べない方がいいよ。嘘だと思うならついてきて。どんな動物も逃げていくから」と言う。
  • ついて行くと、本当に動物たちはみんな逃げる。実はみんな虎を怖がって逃げていただけなんです。ちゃんちゃん。
  • まあ、このことわざは「言われたくないことわざワースト10」に入りますよね。

使い方

  • 「クラスのリーダーだったジャイアンが引っ越して、スネ夫くん元気ないなぁ」
  • 「あんなに威張っていたのになぁ。まさに虎の威を借る狐やったんやなぁ」
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店