Arasenblog Arasen's soliloquy

灯台もと暗し 今日から使えることわざ講座 No.14

今日から使えることわざ講座

「灯台もと暗し」のズバリの意味、由来、使い方などを、ことわざマスターあらせんがわかりやすく解説します。

ズバリの意味

身近なことほど気づきにくいことのたとえ。

ことわざの由来

火をともした明かりは周囲を照らすが、その真下は皿の影になって暗いことから。

あらせんより

  • なかなか見つからなかった探し物が、実は意外と近くにあったということはありますよね。
  • ハンカチを探していたら「そこにあるやん」なんて指摘されたりね。
  • 身近にあるものはかえって気づきにくいということを「灯台もと暗し」っていうのです。
  • この「灯台」というのは、海にある灯台のことではありません。
  • 江戸時代まで使われていた「ろうそく台」のことです。
  • 火を灯してあたりを明るく照らすものの、灯台の真下は陰になって見えにくいのです。

使い方

  • 「のぞみ、お父さんのメガネ知らんか?」
  • 「知らんよ。もう、お父さん、いつもメガネ探してるやん。ちゃんと置くとこ決めとかないと…。えっ、えっ、お父さん、メガネ、頭にかかってるやん」
  • 「わぁ、ここにあったんか。」
  • 「お父さん、まさに灯台もと暗しやで。」
  • ちゃんちゃん

Twitterで使い方などを発信しています

YouTubeで解説しています

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社