5Gでどう変わるの?手ぶらが当たり前!?

FOR STUDENTS あらせんROOM

5Gとは、次世代の通信システムです。

高速通信といわれていますが、今の約100倍の通信速度なんだそうです。

では、5Gになると何ができるようになるのでしょうか?

「空間の共有」ができるそうです。

今は2次元、つまりテレビやスマホの画面で共有できますが、それが「空間」でできるのです。

例えば、会議では、遠隔地にいても、前には社長が居て、右には◯◯さんが居て、左には△△さんがいるように見えるのです。

サッカー観戦では、選手の周りをぐるりと回り込めたり、上からや横から観たりできます。

2次元から空間へ。

すごいですね。

ではどんな表示ディバイスになるのでしょうか?

スマホからゴーグル、メガネ、コンタクトレンズを経て、裸眼で空中表示を見て触るようになるのでは・・といわれています。

つまり「持って運ぶから手ぶら」になるのです。

将来、

「昔、あんな重いスマホをみんな持って歩いていたよね。」 

なんて、言われるんだと思います。

落合陽一氏は、

このような大変革を

「2025年までは楽しい!」

と述べています。

ワクワクしますね。