Arasenblog Arasen's soliloquy

臥薪嘗胆 今日から使えることわざ講座 No.235

今日から使えることわざ講座

「臥薪嘗胆」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

敵を打つために、また、目的を果たすために、長い間苦労を重ねること。

あらせんより

  • 「臥薪嘗胆」とは故事成語です。昔の話がもとになってできた言葉です。その元になった話を紹介します。
  • 中国の昔のお話です。越という国と戦って負けた呉の国の王は、「必ず復讐をとげるように・・・」と息子に言い残して死んでしまいました。
  • 呉の国の息子は、毎晩、薪の上に寝て身を苦しめて、父の仇を忘れないようにして、二年後に越の王を降伏させました。
  • まだ続きがあります。降伏させられた越の王は、捕虜の生活が始まります。その捕虜の期間が何年続いたかはわかりませんが、惨めな生活が続きました。
  • そして、ついに越の王は自由の身になりました。
  • 自由の身となって国へ帰った越の王は、クマの苦い肝を室内につるし、寝起きするたびにそれをなめて、呉の王の息子に負けた悔しさを忘れないようにしました。
  • そして二十年後に、越の王は、心がゆるんで政治をおろそかにした呉の王の息子をやぶって、無念を晴らしました。
  • 以上がもとになった話になります。
  • かたや薪の上で眠り、かたや苦い肝をなめて、「いまは我慢の時だ。力をつけて、いつかきっと見返してやる!!」という気持ちをわすれないようにしたんですね。
  • 追い込まれてしまったり、負けてしまったりしたとき、じたばたしても、ダメな時はダメですよね。そんなときは一旦引いて、その間に力をつける方がいいんですよね。
  • 「臥薪嘗胆すること5年、ついに悲願を達成しました!」なんて使い方をします。
  • リスナーさんのなかにも今、臥薪嘗胆でがんばっている人がいると思います。応援しています。ファイトです!

使い方

  • 勇輔くん、勉強がんばっているね。
  • 来年こそ合格できるように、臥薪嘗胆でがんばるぞ。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社

・こども故事成語 齋藤孝 草思社