Arasenblog Arasen's soliloquy

同じ穴の貉 今日から使えることわざ講座 No.142

今日から使えることわざ講座

「同じ穴の貉」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

一見仲間でないかのように見えて、実はよくないことをする仲間のたとえ。

ことわざの豆知識

「一つ穴の貉」ともいい、「貉」の代わりに「狐」「狸」ともいう。

外国の似たことわざ

  • 同じ穴の狸(中国)
  • 同じ粉でできた輩(フランス)
  • 同じ穴から一緒に糞をする(オランダ)
  • 同じ小屋の犬同じように吠える(モンゴル)

あらせんより

  • 貉(ムジナ)という動物がいます。タヌキの別名ではありません。
  • 夜間に活動して、動物でも植物でも、なんでも食べます。姿がタヌキに似ているんです。毛の色もそっくりです。けれどムジナはイタチ科で、タヌキはイヌ科の動物です。
  • ムジナはアナグマとも呼ばれていて、穴掘りがとってもうまいです。
  • かぎの形をした長い爪で、地下2、3メートルのところに、曲がりくねった長い巣穴を作ってしまいます。とても大きな住まいだから何代もの家族が住めるんです。
  • 「同じ穴の貉」は「同じ穴のキツネ」とも言います。ムジナもキツネも、昔から人をだます悪い獣と考えられていました。そんな獣が集まって、同じ穴に住んでいるとしたら、きっと相談しあって悪いことをたくらんでいるに違いない、と思われたんですね。
  • だから、このことわざは、同じ仲間の悪人、という意味になります。
  • ちなみに、昔、あらせんは不良と呼ばれていました。トホホ。

使い方

  • 盗みを働くなんて、あいつは本当に悪いやつだ。
  • ふふふ。明智くん、えらそうに言ってるが、君だって、彼とは「同じ穴の貉」じゃないか。知っているんだよ。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社