Arasenblog Arasen's soliloquy

世の中は三日見ぬ間の桜かな 今日から使えることわざ講座 No.115

今日から使えることわざ講座

「世の中は三日見ぬ間の桜かな」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

桜が三日見ないでいると散ってしまうように、世の中は移り変わりが激しいということ。

ことわざの豆知識

江戸時代の俳人、大島蓼太の俳句「世の中は三日見ぬ間に桜かな」の「見ぬ間に」を「見ぬ間の」と変えたもの。略して「三日見ぬ間の桜」ともいう。

あらせんより

  • 桜の花は、満開になったと思ったら、あっという間に散ってしまいます。そんなはかない桜の命になぞらえて、世の中の移り変わりの早さを言っているのです。
  • たとえば、三日間学校を休んだら、もう勉強内容が全く変わっていた、なんていうこともありえますよね。
  • スマホやゲームもどんどん進化しています。流行っているものも変わるのも早いです。
  • あの角に店ができた、なんて思っていたら、数ヶ月後には違う店になっていた、なんてこともありますよね。
  • これからの時代、どんどん進化が早くなっていくと言われています。変化に対応する柔軟な考えが大事なと思います。

使い方

  • 「のぞみお姉ちゃん、ここって雑貨屋さんじゃなかったっけ。」
  • 「ほんとや。カフェになってんな。世の中は三日見ぬ間の桜かな、やね。」
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店