Arasenblog Arasen's soliloquy

断腸の思い 今日から使えることわざ講座 No.246

今日から使えることわざ講座

「断腸の思い」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

きわめてつらく悲しい思いのたとえ。「断腸」とは腸が立ちきれんばかりの悲しみの意。

あらせんより

  • 「断腸の思い」とは故事成語です。昔の話がもとになってできた言葉です。その元になった話を紹介します。
  • 中国の昔の話です。晋の国に桓温という将軍がいました。舟で三峡を通った時、部下が子猿を捕らえました。その猿をペットにしようとしたんです。
  • それに気がついた母猿は、どこまでも舟を追いかけ続けました。胸をかきむしられるような悲しげな鳴き声が、峡谷に響き渡ったといいます。
  • 母猿は、百里以上もあきらめずに舟を追い続け、川幅がせばまったところに来ると、ひとっ飛びで舟に飛び移りました。その途端、息たえて死んでしまいました。
  • その母猿のお腹を切ったところ、腸は、子猿を奪われた悲しみのあまり、細かく断ち切れていたといいます。
  • この話を聞いた桓温は、子猿を捕まえた兵士を追放しました。
  • こんな話がもとになってできたことばが「断腸の思い」です。
  • すごく悲しい話ですよね。子猿を奪われた母猿の深い悲しみを思うと、かるがるしく使えないことばですよね。

使い方

  • 橋本くん、ついに来たんだね。東京に。
  • はい、断腸の思いで家族と別れてまいりました。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社

・こども故事成語 齋藤孝 草思社