Arasenblog Arasen's soliloquy

毒を食らわば皿まで 今日から使えることわざ講座 No.110

今日から使えることわざ講座

「毒を食らわば皿まで」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

毒を食べた以上、その毒を盛った皿までなめるということから、いったん悪事に手を出してしまった以上、とことん最後まで悪事を重ねていくというたとえ

あらせんより

  • このことわざはやばすぎます。
  • 一度悪いことをしてしまったら、取り返しがつかないから、いっそ最後までやり通してしまえという意味です。
  • 毒が入った食べ物を一度食べてしまえば、もう死ぬこと決定です。だから全部食べて、皿までなめたって同じことです。むしろ皿までなめてしまえ!!そういうすごい開き直りからきています。
  • お兄ちゃんとおやつをはんぶんこしなくちゃいけないのに、お兄ちゃんのおやつに手を出しすぎてしまった。もう残り2個しかない。こうなったら全部食べてしまおう、なんてことありますよね。
  • いまさら言い訳できないから、悪を貫いてしまうわけです。
  • そんなヤケクソの意味のことわざなんです。
  • 悪いことだけではなく、一度始まった大変なことを最後までやり通すぞ!という時にも使います。

使い方

  • 「ついにできた!!すごい落とし穴ができたな」
  • 「あとは枯れ草や土をかぶせるだけやから、俺が一人でできるわ」
  • 「何を言ってるねん。もうここまできたら、毒を食らわば皿までやわ。ふふふ」
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店