Arasenblog Arasen's soliloquy

蛍雪の功 今日から使えることわざ講座 No.214

今日から使えることわざ講座

「蛍雪の功」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

苦労して学問に励むこと。また、その成果。

豆知識

英語例:It smells of the candle. (ろうそくの臭いがする)

あらせんより

  • 「蛍の光 窓の雪 ふみ読む月日 かさねつつ」という歌をご存知でしょうか。
  • 今はあまり歌われないけれど、少し前までは卒業式には必ず歌われていた歌です。
  • 昔、晋の国に車胤という人がいました。家が貧しくて、満足に灯油が買えなかったので、夏の夜は蛍を数十匹集めて、袋に入れ、その光で書物を読みました。
  • また、同じように貧しかった孫康という人は、冬の夜は窓辺に積もった雪明かりで勉強しました。
  • そして二人とも、役人になって高い地位にのぼったといいます。
  • これが「蛍雪の功」の元になった話になります。
  • 先ほど紹介した「蛍の光」の歌も、この故事を踏まえているんです。
  • 卒業式では、努力したことを忘れずに、さらに努力して立派な人になってくださいという激励を込めて、在校生がこの歌を歌って卒業生を送り出したんです。
  • ところで、蛍の光で本が読めるかどうかを実験した人がいるらしいのですが、七十匹くらい集めて試したところ、字は読めましたが、点滅するので目がチカチカするそうです。
  • 苦労して成功する話は素敵ですよね。ずっと昔からこうして語り継がれているわけですから。そんな人間って素敵だと思います。

使い方

  • 勇輔、イギリスの大学を目指しているんだって。
  • そうやねん。難しいと思うけど、蛍雪の功を積んで、なんとしても合格したいねん。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社