Arasenblog Arasen's soliloquy

杞憂 今日から使えることわざ講座 No.211

今日から使えることわざ講座

「杞憂」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

  • いらない心配をあれこれすること。取りこし苦労。
  • 「憂」は心配する意味。

あらせんより

  • 「杞憂」には、こんな由来があります。
  • 昔、杞の国にひどく心配性の男がいました。
  • 「もし天が落ちてきたら、どうしよう」
  • 「地面が崩れたら、どうしよう」
  • と夜も眠れず食事も喉が通らなかったそうです。
  • その心配性の男のことは、国中にひろまるほどだったそうです。
  • 杞の国の心配性の男。これが「杞憂」の由来です。
  • ある程度の心配性は良いと思いますが、前に進めなくなるほどの心配は不要だと思いますね。

使い方

  • かなえ、何回、天気予報を見てるの?明日は晴天だって予報されてるやん。
  • のぞみお姉ちゃん、杞憂だってわかっているねんけど、明日の遠足に雨が降らないかと何度も確認してしまうわ。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社