Arasenblog Arasen's soliloquy

隣の芝生は青い 今日から使えることわざ講座 No.15

今日から使えることわざ講座

「隣の芝生は青い」のズバリの意味、由来、使い方などを、ことわざマスターあらせんがわかりやすく解説します。

ズバリの意味

他人のものは何でもよく見えて、うらやましく思うことのたとえ。

ことわざの由来

もとは西洋のことわざ。隣の家の芝生の方が、自分の家の芝生よりも青々と見えることから。

あらせんより

  • 「隣の子が食べているアイスの方が美味しそう」「あっちの方がいい」という経験はありませんか。本当は自分のものとたいして変わらないのにね。
  • これ、心当たりないですか。
  • 他人が持っているものは、自分のものよりよく見えるという、昔の人からのアドバイスです。
  • 誰かをうらやましいと思ったら、このことわざを思い出しましょう。
  • 逆に、他の人から見たら、あなたの持ち物もうらやましいかもしれませんよ。

使い方

  • 「お母さん、たまには外食もいいね。エビフライ定食美味しいわ。」
  • 「そうね、たまには外食もいいね。」
  • 「お母さん、あっちのテーブルのハンバーグ美味しそうね。私、ハンバーグにすればよかったかな。でも、向こうのテーブルの唐揚げ定食も美味しそう。あれにすればよかったかな。」
  • 「のぞみ、隣(となり)の芝生(しばふ)は青いから、そう見えるだけよ。周りばかり見てないで食べなさい。」
  • 「はーい」
  • ちゃんちゃん

Twitterで使い方などを発信しています

YouTubeで解説しています

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社