Arasenblog Arasen's soliloquy

海千山千 今日から使えることわざ講座 No.189

今日から使えることわざ講座

「海千山千」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

経験が豊かで抜け目なく、したたかなこと。

豆知識

  • 海に千年、山に千年すんだ蛇は竜になるという言い伝えから。「海に千年山に千年」ともいう。
  • 類句:海千河千
  • 英語例:An old fox is not easily snared. (老狐は、やすやすと罠にはかからない)

あらせんより

  • 長い間生きてきて、いいことも悪いことも経験した人がいます。
  • 世の中のいろんなことを体験してきて、抜け目がなくなり、とてもずる賢くなっています。そんな人のことをいいます。ほめることばではないです。
  • 昔の人は、海に千年すみ、山にも千年すみ、さらに河に千年、あわせて三千年生き抜いたヘビは竜になると言いました。そこから、このことわざが生まれたのです。
  • 竜は、中国の伝説に出てくる生き物です。海や地中に住んでいて、大きな声でないて、雨や雲、雷、嵐を呼ぶことができます。また竜巻となって天にのぼり、自由に飛び回ることができるのです。古くから人間の力を超えた、不思議な恐ろしい生き物として考えられてきたのです。
  • あらせんは、まさに海千山千といえる人に出会ったことが多々あります。決して誰とは言いません。でもたくさんの辛い経験をしてきたんでしょうね。その分、ずる賢くなられたのかもしれませんね。
  • あらせんは、ずる賢くではなく、馬鹿正直を目指したいです。

使い方

  • さあ、勇輔、いよいよ決戦の時がきたな。
  • おう!でも相手は海千山千だから、だまされないように気をつけてな。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社