Arasenblog Arasen's soliloquy

背水の陣 今日から使えることわざ講座 No.236

今日から使えることわざ講座

「背水の陣」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

決死の覚悟でことに当たること。失敗すれば滅びる覚悟で戦うこと。

豆知識

英語例:to burn one’s boats (背後のボートを焼く:敵側の岸に着けた帰りにつかうべき背後のボートを焼いて退かないという意味)

あらせんより

  • 「背水の陣」とは故事成語です。昔の話がもとになってできた言葉です。その元になった話を紹介します。
  • 漢が趙と戦った時、漢軍の兵士は趙軍よりずっと少ない状況でした。そこで漢軍の大将は、決死の覚悟を決めさせるために、兵士を山の砦から河原に降ろして、これ以上退却することができない場所に追いやって戦わせたんです。
  • 退却することができない場所とは、川を背にした場所(背水の陣)です。
  • そうすると、劣勢をくつがえして敵を打ち破ったんです。
  • こんな話がもとになってできた話です。
  • 「ここで負けても次がある」という状況よりも「ここで負けたらおしまいだ」という追い込まれた状況の方が、びっくりするくらいの力がだせるということです。
  • いよいよの戦いのときは、これが最後のチャンスと思って「背水の陣」でのぞみましょう。

使い方

  • 長谷川くん、いよいよ決戦ですね。
  • そうだな、背水の陣で戦いにのぞもう。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社

・こども故事成語 齋藤孝 草思社