Arasenblog Arasen's soliloquy

蛙の子は蛙 今日から使えることわざ講座 No.162

今日から使えることわざ講座

「蛙の子は蛙」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

子は結局は親に似るものであり、平凡な人間になるというたとえ。また、子は結局は親に似てしまうことが多いというたとえ。

似たことわざ

  • (日本)
  • 瓜の蔓に茄子はならぬ
  • 鳶の子鷹にならず
  • 子は親の鏡
  • この父にしてこの子あり
  • (外国)
  • 悪い鳥に悪い卵(ドイツ)
  • リンゴはりんごの木の近くに落ちる(ロシア)
  • 鷹から鳩は生まれない(イタリア)
  • 馬の子は馬、ロバの子はロバ(インドネシア)

あらせんより

  • カエルの卵が孵化すると、オタマジャクシになります。オタマジャクシの時は尾があって、カエルの子どもとは思えません。ナマズみたいです。
  • しかし、大きくなるにつれて、尾がとれ足がはえて、結局カエルになります。
  • そこから、何事も子は親に似るものだ、という意味のことわざができたのです。
  • このことわざは良い意味で使うのではなくて、悪い意味で使われてきたことわざになります。
  • 平凡な親からは平凡な子どもが生まれるというたとえで使われてきたのです。
  • また、「自分」のほうをへりくだって言う表現なので、他の人に対して使うと失礼になってしまいます。
  • あらせんは、教育者なので、平凡な親から生まれた子どもだって、環境さえ整えてあげれば、びっくりするくらいの偉大な人間になると確信しています。
  • ていうか、大人になった教え子と何人もつながっていますので、間違いないと自信を持って言えます。
  • ことわざを紹介しておいて、真っ向から批判するってどういうことやねんと思われるかもしれませんが・・・。
  • 果たして、平凡な親が、子どもに良い環境を与えることができるのか、という問題も潜んでいることも付け加えておきます。
  • ことわざって深いです。

使い方

  • のぞみ、小学校の教師になってんて。
  • そうやねん。お父さんもお母さんも教師やから、蛙の子は蛙で、私もやっぱり教師になってしもたわ。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社