Arasenblog Arasen's soliloquy

口はわざわいの門 今日から使えることわざ講座 No.90

今日から使えることわざ講座

「口はわざわいの門」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

うっかり必要のないことを話すと、それが災難のもとになることがあるので、言葉には気をつけなさいということ。

似たことわざ

(日本のことわざ)

  • 禍は口より生ず
  • 口の虎、身を食む
  • 蛙は口ゆえ蛇に呑まれる

(外国のことわざ)

  • 禍は口から出る(中国)
  • 口で身を滅ぼす(スペイン)
  • 口に火傷する(ドイツ)
  • 掻き過ぎは痛み、しゃべり過ぎは害(オランダ)
  • 悪い口は船を沈める(チガ語)
  • 舌がすべるより足がすべった方がまし(ルーマニア)

あらせんより

  • うっかり余計なことを話すと、それが災難を招くことになるから気をつけなさいということです。
  • 口を門としてわざわいが出入りする。ぽろっと言ったことが、もめごとの原因になったりします。
  • 人が気にしていることや、場にふさわしくないことを言ってしまうことを「失言」っていいますが、大人の世界でもよく問題になっていますよね。
  • 昔の人から、もうちょっと慎重になりなさいってアドバイスしてくれているんです。
  • 万が一、失言してしまった場合、言ってしまった言葉は、もう引っ込められないので、素直に謝ってください。

使い方

  • のぞみお姉ちゃん、かなえお姉ちゃんに「太った?」って聞いたら、口を聞いてくれなくなっちゃったよ。どうしよう。
  • 勇輔、口はわざわいの門と言うから、言葉は慎重にね。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店