Arasenblog Arasen's soliloquy

登竜門 今日から使えることわざ講座 No.228

今日から使えることわざ講座

「登竜門」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

そこを通り抜けることができれば、必ず立身出世できるというような、難しい関門。

あらせんより

  • 「登竜門」とは故事成語です。昔の話が元になってできたことばです。
  • 昔、中国の黄河上流にある流れが急な「竜門」と呼ばれる難所がありました。ここを鯉が登ることができれば竜になるという伝説があったのです。後漢書に書かれてあります。
  • こんな話から「登竜門」ということばができたのです。
  • 出世するための関門が「登竜門」という意味になりましたが、お笑い芸人の登竜門が「M1グランプリ」。新人作家の登竜門が「芥川賞」「直木賞」なんて言われています。
  • 各分野に出世するための登竜門と呼ばれる関門があるんでしょうね。この講座を聴いている方が努力を重ねて大勝利することを祈っております。

使い方

  • 早苗、新人文学賞の受賞、おめでとう
  • のぞみ、ありがとう。
  • この新人文学賞は、一流の作家への登竜門なんでしょ。本当にすごい!おめでとう!!
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社

・こども故事成語 齋藤孝 草思社