Arasenblog Arasen's soliloquy

先ず隗より始めよ 今日から使えることわざ講座 No.238

今日から使えることわざ講座

「先ず隗より始めよ」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

ものごとを行うには、まず手近なところから始めなさいということ。また、言い出した人から始めなさいということ。

あらせんより

  • 「先ず隗より始めよ」とは故事成語です。昔の話がもとになってできた言葉です。その元になった話を紹介します。
  • 中国の戦国時代の話です。他国との戦いで国土が荒れ果てた燕の王様は、優秀な人たちを集めて国を立て直したいと考えていました。
  • それを聞いた相談役の隗は、王様につぎのように話しました。
  • 「優秀な人を集めたいなら、まず、私のようなつまらない人間をひいきにしなさい。そうすれば、そのうわさを聞いて、私よりずっと優秀な人が集まってくるでしょう」
  • その話を聞いた王様は、その通りにしたんです。そうすると、つぎからつぎへと人材が集まり、国が復興したのです。
  • 以上、「先ず隗より始めよ」のことばは、こんな話がもとになってできたのです。
  • この「先ず隗より始めよ」には、「まずは自分が先頭に立って動け」という意味もあります。言い出しっぺがやる、アイデアを出した人が進んでやるということなんです。

使い方

  • 長谷川さん、これからどうする?
  • そうやな。うまくいくかどうかわからないけど、先ず隗より始めよというから、言い出した私からやってみるよ。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社

・こども故事成語 齋藤孝 草思社