Arasenblog Arasen's soliloquy

将を射んとせば先ず馬を射よ 今日から使えることわざ講座 No.223

今日から使えることわざ講座

「将を射んとせば先ず馬を射よ」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

目指すものを手に入れるためには、まず目標のまわりにあるものにねらいを定めて、それを手中にするのが先決だというたとえ。

豆知識

英語例:He that would the daughter win, must with the mother first begin. (娘を得ようと思う者はまずその母親から始めなければならない)

あらせんより

  • 「将を射んとせば先ず馬を射よ」とは故事成語です。昔の話が元になってできた言葉になります。今から、その元になった話を紹介します。
  • 中国の杜甫という詩人の詩に次のような一節があります。
  • 「弓を挽かんとせば当に強きを挽くべし、箭を用いんとせば当に長きを用うべし、人を射んとせば先ず馬を射よ」です。
  • この意味は、「弓を引く時には強い弓を引け。矢を射る時には長い矢を射よ。大将を射ようとするなら、まず馬を射よ」です。
  • 敵の大将をやっつけるには、まずその大将が乗っている馬を倒せ。人をしたがわせるには、その人が頼みとしているものから攻め落とせ。目的を達成するには、その周囲にあるものからとりかかれ!ということです。
  • 遠回りに思えるかもしれませんが、実はその方が近道なんだよ、という昔の人からのアドバイスです。
  • あらせんの戦い方は、がむしゃらに、手当たり次第、という感じですが、振り返ってみると無駄が多い戦い方ですね。
  • 目的を達成するためには、その周囲にあるものから取り掛かった方が良い、という故事成語からのアドバイス。しっかり実践していきたいと思います。

使い方

  • 山田先輩、今度の取引を絶対に成功させたいんです。アドバイスをお願いします。
  • 長谷川くん、頑張ってるね。そうだな。取引を成功させようと思うのなら、先方の社長さんの秘書に気に入れられことだな。将を射んとせば先ず馬を射よだからな。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社

・こども故事成語 齋藤孝 草思社