Arasenblog Arasen's soliloquy

三顧の礼 今日から使えることわざ講座 No.243

今日から使えることわざ講座

「三顧の礼」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

地位ある人や目上の人が、ある人に仕事を引き受けてもらうために、何度も足を運び、礼を尽くして頼み込むこと。

あらせんより

  • 「三顧の礼」とは故事成語です。昔の話がもとになってできた言葉です。その元になった話を紹介します。
  • 中国の三国時代のお話です。
  • 蜀の王の劉備が、若く有能な諸葛孔明を採用したいと思って家にお願いに行ったところ留守でした。
  • そしてもう一度行ったけれど留守。
  • 三度目にやっと会うことができました。
  • 諸葛孔明は、三回も来てくれたのならと劉備の軍に加わりました。
  • ちゃんちゃん。こんな話がもとになってできたことばが「三顧の礼」になりました。
  • 王様のようなえらい人が、目下の者に何度も頭を下げたんですね。誠意を示すには一回や二回では足りません。
  • 「三顧の礼を尽くして獲得した人材だ」などと使います。

使い方

  • 校長先生、ついに佐々田選手が指導してくれますね。サッカー部が盛り上がりそうですね。
  • そうだな。三顧の礼を尽くした結果、ようやく指導を引き受けてもらえたよ。本当によかった。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社

・こども故事成語 齋藤孝 草思社