Arasenblog Arasen's soliloquy

猿も木から落ちる 今日から使えることわざ講座 No.9

今日から使えることわざ講座

 「猿も木から落ちる」のズバリの意味、由来、使い方などを、ことわざマスターあらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

どんな名人や達人でも、失敗することがある。

ことわざの由来

木登りが得意なさるでも、時には木から落ちることから。

あらせんより

  • 木登りの達人の猿も、時には失敗して木から落ちることもあります。その道に優れた人も失敗することだってあるさ、という意味のことわざです。
  • あいつに任せていれば大丈夫だ!と絶大な信頼を得ているキャプテンだって、失敗することもあります。シュートが大きく外れて、本人も周りも「えーーーー」って青ざめている…。なんてときは、「猿も木から落ちるって言うで」とフォローしてあげてください。
  • 昔から、フォローのために使われてきたことわざです。
  • また、自分が失敗した時も、このことわざで自分にフォローすることもできますよね。

使い方

  • 「この問題の式は、こうなります。みんなわかりましたか」
  • 「香川先生、1+2=4じゃなくて、3だと思います」
  • 「のぞみさん、ご指摘ありがとう。先生としたことが…。恥ずかしい…。」
  • 「香川先生、『猿も木から落ちる』っていうじゃないですか。どんまいです。」
  • ちゃんちゃん

あらせんのTwitterで使い方を紹介しています

YouTube動画で解説しています

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社