Arasenblog Arasen's soliloquy

朱に交われば赤くなる 今日から使えることわざ講座 No.44

今日から使えることわざ講座

「朱に交われば赤くなる」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

人は、つき合う相手や環境によって良くも悪くもなること。よい相手を選びなさいという教え。

ことわざの由来

朱色の中に入れておくと、ほかの色のものが朱色に染まってしまうことから。

似たことわざ

(日本のことわざ)

  • 善悪は友による
  • 麻の中の蓬
  • 血に交われば赤くなる
  • 墨に染まれば黒くなる

(外国のことわざ)

  • 朱に近づくものは赤くなり、墨に近づくものは黒くなる(中国)
  • 朱に交われば赤くなり、藍に交われば青くなる(チベット)
  • 悪い交わりは良い習わしを損なう(ドイツ・フランス・オランダ)
  • 犬と眠るものは蚤と一緒に起きる(ロシア・スペイン)
  • 泥棒と交われば泥棒になり、学者と交われば学者になる(インドネシア)

あらせんより

  • 人はつき合う相手によって、良くも悪くもなるという意味のことわざです。
  • 朱とは赤色のことです。赤は強い色ですから、白いタオルと赤いものを一緒に洗うと赤く染まることがあります。
  • 赤色の中にあると、他の色も赤く染まることにたとえて、人は周りに影響されやすいと言っているのです。
  • 特に悪い友達といると、自分も悪くなるという、昔の人からのアドバイスです。

使い方

  • 「のぞみさんのお父さん、こんにちは」
  • 「あ、香川先生、こんにちは」
  • 「最近、のぞみさん、明るくなりましたね。学校でも人が変わったように、たくさんの友達と遊んでいますよ」
  • 「香川先生、実はのぞみはダンスを習い始めたんです。そこで出会った人達がみんな明るいみたいなんです。まさに朱に交われば赤くなるってやつです。」
  • 「そうだったんですね」
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店