Arasenblog Arasen's soliloquy

推敲 今日から使えることわざ講座 No.219

今日から使えることわざ講座

「推敲」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

詩や文章の字句を何度も苦心して練り直すこと。

あらせんより

  • 「推敲」とは、故事成語に分類される言葉です。昔の話が元になってできた言葉です。今から元になった話を紹介します。
  • 唐の時代のことです。詩人の賈島が、ロバの背に揺られながら、詩を作っていました。
  • 「やっとできたぞ!」
  • 詩がついに完成しました。
  • しかし、賈島は詩を読み返してみると、
  • 「僧は推す月下の門」とするか、
  • 「僧は敲く月下の門」とするかで、悩んでいたところ、
  • 都の長官であった韓愈の行列にぶつかってしまったのです。
  • そこで賈島は「申し訳ございません。実は、こういうわけでして・・・」と説明して謝りました。
  • すると長官は、怒るどころか、にっこり笑って、
  • 「それは、敲く、の方が良いでしょう」
  • と言ったそうです。実は長官は、当時の大詩人の韓愈だったのです。
  • それ以来、二人は詩友(詩を作るうえでの仲間、友人)になったとそうです。
  • 「推敲」とは、こんな話が元になったのです。
  • 文豪と呼ばれる方々の原稿は、今でも残っていますが、書いては消して、書いては消してという推敲を重ねた後があります。
  • 人の心を動かす素敵な文章は、推敲を重ねて生まれるんですね。

使い方

  • のぞみお姉ちゃん、ここ数日、遅くまでがんばってたみたいやね?
  • 3日間徹夜したわ。何度も推敲してから、今日、やっと作品を提出できたよ。やり切ったわ。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社