Arasenblog Arasen's soliloquy

月と鼈

今日から使えることわざ講座

「月と鼈」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

比較できないほどいちじるしい差があることのたとえ。

似たことわざ

  • (日本)
  • 天とう様と鼈
  • 雲泥の差
  • 天地の差
  • 提灯に釣り鐘
  • (外国)
  • 天地の差(モンゴル・中国)
  • 昼と夜ほどの違い(ドイツ)
  • 水と油のように(メキシコ)
  • 水と火のよう(フランス)

あらせんより

  • 月と鼈は、同じ丸い形をしているけど、まったく違うものですよね。
  • 鼈は池や川に住んでいる亀の一種です。月は夜空で輝いている惑星。
  • 月は宇宙にあって、鼈は池の泥水の中にいます。
  • そこから二つのものは、比較にならないほどかけ離れている、というたとえです。
  • この二つを比べてのは、鼈の甲羅が六角ではなく、丸い形をしているからと言われています。
  • 関西地方では、昔から鼈のことを「マル」って呼んでいたようです。
  • このことわざは、もとは「月と朱盆」といったものが、いつの間にか「月と鼈」になったという説があります。
  • 「朱盆」というのは、赤い色のお盆のことです。その朱盆より鼈の方が、月との取り合わせが面白い。それでいつの間にか、人々との間に「月と鼈」となって広まったのではないかと言われています。
  • ところで、みなさん、鼈というカメを見たことありますか。
  • 水の中、土の上の両方で生活できる生き物で、岸辺の土の中に卵をうみます。
  • 鼈の名前のいわれは、鳴き声がスポンスポンと聞こえるところからきたとか、水の中に飛び込んだ時に、スッポンと音がしたからとかいわれています。またポルトガル語からきたという説もあります。
  • 鼈は、魚、えび、貝、昆虫などを食べて生活しています。あごがとても強くて、かまれるととても危険です。
  • あらせんは、今、YouTuberであり、書家であり、心理士でありますが、結果を出している人と比べるとまさに「月と鼈」。
  • 今は鼈ですが、いつの日か、月になれるよう日々、コツコツがんばっています。みなさん、ともにがんばりましょう!!

使い方

  • のぞみお姉ちゃん、勇輔って、水泳の天才よね。
  • かなえ、とはいっても、オリンピック選手の中尾くんと比べたら、月と鼈やわ。差がありすぎるよ。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社