Arasenblog Arasen's soliloquy

油断大敵 今日から使えることわざ講座 No.67

今日から使えることわざ講座

「油断大敵」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

たいしたことはないだろうと気をゆるめると、思わぬ失敗や災難をまねくこと

似たことわざ

(日本のことわざ)

  • 蟻の一穴

(外国のことわざ)

  • 油断は悪を育む(オランダ)
  • 用心は賢明の母(ドイツ)
  • 火花から森が焼けた(ロシア)
  • もしライオンが歯を見せても笑っていると思ってはいけない(アラビア)
  • 小さなミスが大きなものを失う(モンゴル)
  • まさかが人を殺す(韓国)

あらせんより

  • 気を抜くと思わぬ失敗につながります。
  • あなたの油断こそが敵だ!!っていうことわざです。
  • たとえば、格下に見える相手との勝負ごと。負けるわけがないと気を抜いていると、あっと思った時には勝負を決められている。油断さえしなければ勝てたのに・・・って思ったことはありませんか。
  • ものごとが順調にいっているとき、終わりが見えてきた時こそ、気が緩みがちです。そんな時こそ、このことわざを思い出してください。

使い方

  • 「かなえちゃん、明日の環境問題の発表は、得意分野だから余裕でしょう。」
  • 「うん、環境問題は研究している分野だけど、油断大敵。どんな質問があるか分からないので準備するよ」
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店