Arasenblog Arasen's soliloquy

呉越同舟 今日から使えることわざ講座 No.215

今日から使えることわざ講座

「呉越同舟」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

仲の悪い者同士が、同じ場所に居合わせるたとえ。また、そういう者たちがやむを得ず協力しあうことのたとえ。

豆知識

英語例:While the thunder lasted, two bad men were friends. (雷が続いている間は二人の悪人は友人だ)

あらせんより

  • 呉越同舟とは故事成語です。昔のお話が元になってできた言葉です。では今からそのお話を紹介します。
  • 昔、長江の下流に呉と越という国がありました。
  • この二つの国は隣同士で、互いに領土を広げようと長い間、争っていました。しかし、力は同じくらいだったので、勝ったり負けたりを繰り返していたのです。
  • このため、呉の人と越の人は、敵同士として憎みあっていました。
  • ある時、この呉の国の人と越の国の人が、偶然、一つの舟に乗り合わせてしまいました。
  • もちろん、互いにそっぽを向いて、口一つ聞こうとしません。舟は風を受けて帆をふくらませて、すべるように進んでいきました。
  • ところが、川のなかほどまで進んだとき、急に風の向きが代わり、しかも激しく吹き付けてきました。そのため舟は大きく揺れて、今にもひっくり返りそうになりました。
  • 船頭たちも必死になって帆をたたもうとしましたが、なかなかうまくいきません。
  • すると、呉の人たちと越の人たちが立ち上がって、船頭たちの手をかして帆をおろし、水をかき出したのです。
  • 「もう少しや」「がんばろう」
  • 呉と越の人たちは、声をかけ合い、励まし合いながら、懸命に働き続けたのです。
  • その甲斐あって、舟は転覆を免れ、やがて風もやんで、無事に向こう岸へ到着することができました。
  • これが「呉越同舟」の言葉の元になった話です。
  • どんなに仲が悪くても、命の危険が迫れば、互いに助け合って、危険に立ち向かう。人間の真理を教えてくれる故事成語です。覚えておきましょう。

使い方

  • えっ!あの二人って、与党と野党の党首じゃない。
  • ほんまや。与党と野党の党首が、同じ飛行機に乗り合わせるなんて、まさに呉越同舟やなぁ。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社