Arasenblog Arasen's soliloquy

破天荒 今日から使えることわざ講座 No.225

今日から使えることわざ講座

「破天荒」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。「今日から使えることわざ講座」をポッドキャストやstand.fmなどで毎日配信しています。あらせんのクスッと笑える「ことわざショートコント」で1日をスタートさせてくださいね。

ズバリの意味

今まで誰もやれなかったことをすること。

あらせんより

  • 「破天荒」とは故事成語です。昔の話が元になってできた言葉になります。今から、その元になった話を紹介します。
  • 「天荒」とは作物がとれない荒れた土地のことです。
  • 昔の中国、唐の時代の話です。中国の役人の試験で合格者が一人も出ていなかった地方(天荒)で、ある人が「天荒を突破」して難しい試験に合格しました。
  • ちゃんちゃん。
  • この地方から初めて難しい試験の合格者が出た!!こんな話が元になっています。
  • 「破天荒」は、誰もやり遂げたことがないことをやってのけるという意味になったんです。規則を守らないでメチャクチャをやることではありません。
  • あらせんの小学校の同級生が東大に合格したときは、まさに「破天荒」やなんて思ったことを覚えています。

使い方

  • 長谷川くん、昇進したらしいなぁ。
  • すごいな。あの若さで昇進するなんて、まさに破天荒の抜擢やな。
  • ちゃんちゃん

【参考文献】

・小学生おもしろ学習シリーズ まんがことわざ大辞典 西東社

・やばいことわざ 監修 齋藤孝 アスコム

・小学生のまんが ことわざ辞典 改訂版 金田一春彦監修 金田一秀穂監修 学研

・小学生のためのことわざをおぼえる辞典 川嶋優編集 五味太郎絵 旺文社

・深谷圭助先生のまんが国語事典 まんがことわざ事典 金の星社

・世界のことわざ比較辞典 日本ことわざ文化学会 岩波書店

・わざわざことわざ事典 国松俊英 童心社

・こども故事成語 齋藤孝 草思社