Arasenblog Witten by Ryuichi Arai

タグ:今日から使えることわざ講座が付いている記事一覧


今日から使えることわざ講座

「前門の虎、後門の狼」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 表門で虎を防いだかと思うと、裏門から狼が入ってくるということで、一つの災いを逃れたかと思うと、またさらに別の災…

今日から使えることわざ講座

「窮すれば通ず」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 どうにもならないほど行き詰まった時に、かえって道が開けることがあるということ。開き直ることでよい考えや方法が思い浮か…

今日から使えることわざ講座

「親の心子知らず」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 親は子どものことを思っていろいろ心配するが、子どもは親の気持ちに気づかず、反抗したり、勝手気ままにふるまったりする…

今日から使えることわざ講座

「鬼の目にも涙」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 思いやりのない人でも、ときにはやさしい心になるということ。 ことわざの由来 鬼は残酷で恐ろしい生き物だが、たまには泣…

今日から使えることわざ講座

「井の中の蛙大海を知らず」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 ものの見方や考え方がせまいことのたとえ。広い世界があることを知らないこと。 ことわざの由来 せまい井戸の中…

今日から使えることわざ講座

「一寸の虫にも五分の魂」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 どんなに小さくて弱いものにも、それぞれ意地や考えがあるということ。だからどんな相手でもばかにしてはいけないと…

今日から使えることわざ講座

「案ずるより産むがやすし」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 ものごとの前はいろいろ不安になるが、実際は意外に簡単にできるということ。 ことわざの由来 赤ちゃんを産む前…

今日から使えることわざ講座

今日から使えることわざ講座を始めます  2021年1月1日より「今日から使えることわざ講座」を配信しています。このブログを読むだけで、ことわざをどんどん覚えていけるようになります。  内容は「ことわざの意味」「ことわざの由来」「使い方(ショ…