Arasenblog Witten by Ryuichi Arai

タグ:荒井千丶利が付いている記事一覧


新任教師応援㌻

情熱が人の心に火をつける 「小学校の運動場を駐車場としてかしていただけませんか?もし、無理であればあきらめます」 今振り返ると、2021年夏、たかひら夢花火実行委員さんが真剣なまなざしで言ったこの言葉からはじまっていました。 その頃は、世間…

今日から使えることわざ講座

「虎は死して皮を留め、人は死して名を残す」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 虎が死後に美しい毛皮を残すように、人もまた死後に立派な名を残すように心がけよということ。 …

今日から使えることわざ講座

「同じ穴の貉」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 一見仲間でないかのように見えて、実はよくないことをする仲間のたとえ。 ことわざの豆知識 「一つ穴の貉」ともいい、「貉」…

今日から使えることわざ講座

「鳩に豆鉄砲」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 突然のことに驚いて目を見張り、きょとんとしている様子。 ことわざの豆知識 おもちゃの豆鉄砲で、好物の豆をぶつけられて鳩…

今日から使えることわざ講座

「掃き溜めに鶴」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 その場所にふさわしくない、際立ってすぐれた人がいることのたとえ。 ことわざの豆知識 「掃き溜め」はゴミ捨て場。汚い掃…

今日から使えることわざ講座

「鳶に油揚げをさらわれる」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 不意に横合いから大事なものを奪われることのたとえ。 ことわざの豆知識 空を悠々と飛んでいる鳶がさっと降りて…

今日から使えることわざ講座

「鶴の一声」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 ああだこうだと大勢が議論してまとまりのつかない時に、ぴしゃりと制して事をまとめる、権威・実力ある人の一言。 ことわざの豆…

今日から使えることわざ講座

「蓼食う虫も好き好き」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 人の好みはさまざまだというたとえ。 ことわざの豆知識 蓼の葉のような辛いものを好んで食う虫もいるように、人の好…

今日から使えることわざ講座

「窮鼠猫を噛む」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 窮地に追い詰められると、どんなに弱い者でも死にものぐるいになって戦うから、到底かなわないと思われるような強い相手でも…

今日から使えることわざ講座

「狐につままれる」の「ズバリの意味」「由来」「使い方」などを、ことわざの達人あらせんがわかりやすく解説します。 ズバリの意味 どうしてそうなったのか、わけがわからない状態になる様子。 ことわざの豆知識 「つままれる」は化かされるという意味。…